Record China

ヘッドライン:

海外の中国料理店、新型肺炎で大打撃―中国メディア

配信日時:2020年2月10日(月) 7時20分
拡大
8日、中国新聞網は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、海外の中国料理店が大打撃を受けていると伝えた。写真はサンフランシスコのチャイナタウン。

2020年2月8日、中国新聞網は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、海外の中国料理店が大打撃を受けていると伝えた。

記事は、ロンドンチャイナタウン・チャイニーズ・アソシエーションのトウ柱廷(デン・ジュウティン)主席が、「英国の中国料理店は売上が半分以上落ち込んでおり、チャイナタウンの中国料理店が最も大きな影響を受けている」と語ったことを紹介。現地メディアの中には、朝の人が少ない時に撮ったと思われる写真を使い、チャイナタウンを「ゴーストタウン」と形容するものもあり、これがチャイナタウンからさらに人を遠ざけることになっていると伝えた。

記事によると、カナダの武漢麺料理店では最近、「コウモリスープを売っているのか?」「店の食べ物にはウイルスがあるのか?」など、嫌がらせの電話がよく来るようになったという。店主は「ひどい時は1日の売上が200カナダドル(約1万6500円)にしかならない時もあり、店の外で悪意のある動画を撮影してネット上で広める人もいる」と述べている。

米国でも、中国人居住区にあるレストランでは多くの宴会の予約がキャンセルとなっており、小規模なレストランでも売り上げが落ちていて、この状況が数カ月続くと家賃の支払いもできなくなる恐れがあると伝えた。

イタリアでは、現地の中国料理店の売上高が以前と比べ35~50%落ち込んでいると紹介。「客は私たちが中国人であるのを見ると、くるりと向きを変えて去ってしまう。中には使い捨てのコップでコーヒーを出すよう要求する人もいる」と伝えた。

また、スペインのマドリードのウセラでは、多くの中国料理店が営業を一時停止していると紹介。新型肺炎のため多くの客は食事に来たがらず、一部の従業員は中国から戻ってきたばかりであるため自主的に自宅待機しており、店を休業せざるを得なくなっていると伝えた。(翻訳・編集/山中)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国政府の措置全世界の人々を保護 経済影響マイナスと限らない=シンクタンク報告

このほど、上海国際問題研究院は「中国の新型コロナウイルスとの闘い:その進歩状況及び影響」という報告書を発表し、この間における、中国の新型コロナウイルスとの闘いの進歩状況、疫病による影響およびその対応策について、詳しく分析しました。 なぜ武漢に対して厳格な隔離措置を取ったかについ...

CRI online
2020年2月4日 23時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング