Record China

ヘッドライン:

<北京五輪>重量挙げ金メダリスト、報奨金は7500万円!―中国

配信日時:2008年8月12日(火) 0時35分
拡大
9日、女子重量挙げ48キロ級の中国代表・陳燮霞選手が、開催国・中国に第1号の金メダルをもたらした。陳選手への各方面からの報奨金は少なくとも計500万元(約7500万円)に上るといわれている。写真は陳選手。
(1/10枚)

2008年8月9日、女子重量挙げ48キロ級の中国代表・陳燮霞(チェン・シエシア)選手が、開催国・中国に第1号の金メダルをもたらした。陳選手への各方面からの報奨金は少なくとも計500万元(約7500万円)に上るといわれている。ゴールチャイナ(電子版)が伝えた。

その他の写真

陳選手が金メダルを取った9日、故郷・広東省広州市番禺区の実家には8万元(約120万円)が届けられた。同区にとっては初の金メダリスト。実家の所在地である欖核鎮(村)からも5万元(約75万円)が送られた。軍人である陳選手には省や市のほか、軍隊からも相当な額の報奨金が支給される予定という。

番禺区は香港の実業家である故霍英東(ヘンリー・フォック)氏を始め、多くの実業家の故郷でもある。このため、同じ広州市出身のアテネ五輪金メダリスト楊景輝(ヤン・ジンホイ)選手のように不動産企業から豪華住宅が送られるなど、様々な企業から数多くの報奨金が寄せられるのではないかと注目が集まっている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

ランキング