Record China

ヘッドライン:

<米国人殺害>被害者への追悼広がる―中国

配信日時:2008年8月11日(月) 9時1分
拡大
9日、北京市で米国人殺害事件が発生した。事件後、インターネット掲示板で亡くなったトッド・バックマンさんへの追悼が呼びかけられ、多くの賛同を集めている。写真は事件現場の北京市鼓楼。
(1/3枚)

2008年8月9日、北京市で米国人殺害事件が発生した。事件後、インターネット掲示板で亡くなったトッド・バックマンさんへの追悼が呼びかけられ、多くの賛同を集めている。

その他の写真

9日、北京市内の観光名所・鼓楼で中国人男性による襲撃殺害事件が発生した。米国籍のトッド・バックマンさんとその妻バーバラさん、中国人ガイドの3人が負傷し、トッドさんが死亡した。トッドさんの娘エリザベスさんはかつての女子バレー米代表候補選手。その夫は男子バレーコーチとして北京五輪に参加している。

五輪を迎えた北京で、しかも五輪と縁の深い外国人旅行客の殺害事件とあって、インターネット上では追悼の動きが広がっている。「主催国としてわれわれは彼らの死を悼むべきだ」「北京五輪のメッセージ『和』の心で、国籍に関係なく追悼しよう」とのメッセージに多くの賛同が集まっている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<北京五輪・関連>安全確保に兵士3万4000人動員―中国

8月1日、中国国防部の記者会見で、中国人民解放軍は五輪期間中、3万4000人を動員して安全確保にあたることがわかった。飛行機やヘリコプター、艦艇などが配備される。写真は北京オリンピック体育センター付近を護る人民解放軍の空軍部隊。

Record China
2008年8月3日 22時46分
続きを読む

ランキング