Record China

ヘッドライン:

スーツ姿の中国人に水を吐きかけた「日本人格闘家」が蹴り飛ばされる……話題の動画に意外な事実が!―中国メディア

配信日時:2017年12月6日(水) 0時20分
拡大
中国では最近、「日本の格闘家が、リングに上がってきたスーツ姿の中国人男性に蹴り飛ばされた」とされる動画が注目を集めているが、3日付の新浪体育によると、当事者が舞台裏について説明した。

記事によると、動画は11月30日に中国で行われた総合格闘技イベント「拳星時代」の会場を撮影したもの。選手同士が場外で乱闘するのを制止しようとした同イベントのプロデューサーで総合格闘家の楊建平(ヤン・ジエンピン)氏の顔めがけて、選手の1人が口に含んだ水を吐きかけた。その後もリング上で乱闘を続ける選手たちを見かねた楊氏は、颯爽とリングに上がると、飛びかかってきたトレーナーを背負い投げで投げ飛ばし、先ほど水を吐きかけた選手に回し蹴りを見舞った。楊氏の登場に、場内からは大きな歓声が起こった。

記事は、この動画が「日本の選手が楊氏に水を吐きかけ、怒った楊氏が日本の選手とコーチを一蹴りでKOした」とのタイトルでネット上に公開され、拡散して大きな話題になったと紹介。そのうえで、動画の一幕が実は楊氏と選手たちが仕込んだ「演技」だったと伝えている。

楊氏はこの件について「当時現場で、これはプロレスのシーンだから、テレビ中継前に会場を温めるためのパフォーマンスだからと説明した。選手は日本でプロレスをやった経験もあるということだったので信頼していたが、水を吐かれたのは想定外。でも、この挑発で会場も私もテンションが上がった。これはみんなショーであり、選手たちも盛り上げるためにやったことだよ」と説明した。

そして「私たちはパフォーマンスをした選手が日本人だと言ったことはない。コーチの中に日本人がいて、コミュニケーションを取る際に日本語が使われていたので誤解を招いたようだ」とし、楊氏に水を吐く挑発行為を演じたのが日本人選手ではないことを明らかにしている。

記事は「プロレスは格闘ショーとして特殊な魅力を持っている。米国や日本などの視聴者がこの動画を見れば、すぐにそれが『ガチ』ではなくパフォーマンスだということが分かるだろう。しかし、中国ではほとんどの人がプロレスと総合格闘技の違いを理解していない」と解説した。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング