Record China

ヘッドライン:

<コラム>江戸の儒学者から学ぶ、コミュニケーションの要諦

配信日時:2018年11月30日(金) 18時30分
拡大
江戸の儒学者、中江藤樹は「忍んで百忍に至れば満腔の春」と言いました。耐えていけば、心が動かなくなります。耐えると言う言葉の背景は、慢心せず、謙虚に、喜怒哀楽があっても、平常心を保って事にあたれるようになれということなのです。資料写真。

江戸の儒学者、中江藤樹は「忍んで百忍に至れば満腔の春」と言いました。耐えていけば、心が動かなくなります。耐えると言う言葉の背景は、慢心せず、謙虚に、喜怒哀楽があっても、平常心を保って事にあたれるようになれということなのです。悩み事があったり、嬉しいことがあったり、あることに怒りを覚えていると心が動いてしまい、正しい判断ができません。そのために学問をして、平常心を保てと昔の人は言いました。

取引の交渉をしているときに、つい相手から思ってもいなかった条件に気が動転したりしてしまうと、全体の流れを見失ってしまうことがあります。たとえば、相手の人がとんでもない値引率を要求してきても、年間の契約高のごく一部であれば、受け入れてもいいと言ったようなことです。絶えず、冷静沈着な態度が耐えるということから生まれてきます。平常心をどんなときでも保つためには耐えるということが大事なのです。

この耐えるということはまた、仁義の「仁」、すなわち、相手を思いやる心と同じことでもあります。そもそも相手を思いやるということはどういうことを意味するのでしょうか。あなたがいくら相手を思いやっても、相手には通じません。その相手が女性でも、あなたの上司でも通じません。どうすれば良いのでしょうか。

その答えはあなたが相手の人の話に耐えてじっと聞くということです。相手の話をじっと聞いていると相手の人はあなたを誤解して、相手の人の考えをあなたは理解し、サポートしているのだと勘違いしてくれます。こうしたことが相手の人とのコミュニケーションの要諦なのです。これが「仁」と同じことになります。別に相手を思いやっているのではありませんが、相手の人はあなたから支持されていると誤解をしてくれるということなのです。

妻に対する対応もおろそかにしてはいけません。日頃から妻に対してこうした訓練をしておけば、仕事においてもうまくいくようになります。妻の考え方の違いに耐え、言葉遣いにも注意を払うということは顧客の考え方の違いに耐えたり、対応の仕方をきちんとしたりすることと同じことです。また発言するときも注意しなければなりません。せっかく相手の話を我慢して聞いてきたのですから、相手の言ったことを斟酌(しんしゃく)した発言をしなければなりません。失言の一言で今までの全ての信用を失ってしまいます。意見が違っていても、よっぽどのことでもない限り、聞き入れれば良いのです。

また、こうして相手の話を聞くということは外国人とのコミュニケーションギャップを解消するための方策においても一緒です。ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のことですが、一般的には女性と外国人を指すことが多いようです。このダイバーシティにも耐えるということを行うことによって、相手との信頼を築くことができます。

■筆者プロフィール:海野恵一
1948年生まれ。東京大学経済学部卒業後、30年にわたり、ITシステム導入や海外展開による組織変革の手法について日本企業にコンサルティングを行う。現在はグローバルリーダー育成のために、海野塾を主宰し、英語で、世界の政治、経済、外交、軍事を教えている。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

D&Gの謝罪動画をモノマネ!イタリアのテレビ番組がまた中国人を嘲笑と物議=中国ネットは意外な反応

25日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、イタリアのテレビ局が放送した番組で同国のファッションブランド・ドルチェ&ガッバーナによる中国侮辱騒動を取り上げた際に、改めて中国人をばかにしたような言動があったとし、その動画を掲載した。写真は微博より。

Record China
2018年11月26日 11時20分
続きを読む

ランキング