2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

なぜ日本は木造建築の家が多いのに中国はコンクリート製なのか―中国メディア

配信日時:2017年12月4日(月) 20時20分
なぜ日本は木造建築の家が多いのに中国はコンクリート製なのか
画像ID  614651
3日、中国のポータルサイト・今日頭条に、なぜ日本は木造建築の家が多いのに中国はコンクリート製なのかについて分析する記事が掲載された。資料写真。
2017年12月3日、中国のポータルサイト・今日頭条に、なぜ日本は木造建築の家が多いのに中国はコンクリート製なのかについて分析する記事が掲載された。

記事は、日本の家はそのほとんどが木造建築だと紹介。中国ではほとんどがコンクリート製であるのとは大きく異なっていると伝えた。

なぜこのような違いがあるのか。記事は、多くの人が外国の木造住宅はコストが低く建設も簡単だと思っているが、実際には決して安くはなく、建築もなかなか面倒であると指摘。木造だと劣化が早く、防水性も高くはないため、多くのお金と労力をかけてメンテナンスする必要があるが、コンクリート製なら防水性や耐久性に優れるとした。

さらに防火性でも木造はコンクリートと比べて劣ると指摘。しかし、日本などの外国は人口が多くはなく密集もしていないので木造住宅でも問題ないが、中国は人口が密集しているので防火性の高いコンクリートにする必要があると主張した。

また、中国は空気が悪いことも住宅の材料に影響していると分析。中国で木造建築にしたら大量の木材が必要になるが、中国の森林はそれほど多くはないため、木材を住宅に使用するのは適切ではないと論じた。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事