Record China

ヘッドライン:

韓国人俳優、ロッテ創業者の告別式での「モクバン」が物議

配信日時:2020年1月28日(火) 8時20分
拡大
23日、韓国・マネートゥデイによると、ロッテグループ創業者、重光武雄名誉会長の葬儀場で、ある俳優が「モクバン」をしたことが物議を醸している。資料写真。

2020年1月23日、韓国・マネートゥデイによると、19日に死去したロッテグループ創業者、重光武雄(本名:辛格浩=シン・ギョクホ)名誉会長の葬儀場で、ある韓国人俳優が「モクバン(食事の様子を動画で撮影し公開すること)」をしたことが物議を醸している。

記事によると、多くの映画・テレビドラマに出演している俳優キム・ハクチョルは21日、自身のYou Tubeチャンネルに、重光氏の葬儀場で振る舞われた食事をとりながら、ロッテグループ関係者と会話する動画を公開した。

動画の中で、キム・ハクチョルは「財界の大物、韓国で最も文学性のあるCEOが亡くなった」「芸能界を代表して弔問に来た」とコメント。同席したグループ関係者と重光氏について語り合い、「素朴でさっぱりした干しダラのスープ。豪華ではない」などと食事について説明もしているという。

この動画がネット上に「あの世モクバン」「行くところまで行ったユーチューブモクバン」などのタイトルで広まった。このため、韓国のネットユーザーからは「超えてはならない線を超えたのではないか」「ロッテ一家は嫌いだが、葬儀場でのモクバンは…」「人の葬式で何をやっているのか。非常識だ」など、困惑の声が上がっている。

一方で、「天寿を全うした故人を笑って見送る場なのだから、気にすることはない」「そこまで悪い動画とは思わない。記事が『モクバン』と刺激的なタイトルを付けたせいでは?」「いわゆるモクバンとは異なる内容だった。葬儀の雰囲気を伝えることがメインだったし、食事については『豪勢ではなく素朴だ』と触れた程度だよ。問題なのは記事だ」など、擁護のコメントも多く寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<コラム>ロッテ、一つの時代にピリオド

辛格浩と聞いてもピンとくる人はいないはずだ。ロッテといったらどうだろうか。ロッテを知らない日本の人はいないはず。そう、あの有名な「お口の恋人」ロッテを作った人がこの辛格浩氏だ。写真はロッテワールド。

木口 政樹
2020年1月20日 18時0分
続きを読む

「ロッテは韓国企業?日本企業?」ロッテグループ創業者の回答が話題に=「客観的に考えると正しい」「愛国心を求めるなってこと?」―韓国ネット

19日、韓国メディアによると、ロッテグループ創業者の辛格浩氏が、ロッテグループについて「半分は韓国、半分は日本企業」と述べたことが、韓国で話題となっている。写真はロッテワールド。

Record China
2016年12月21日 7時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング