Record China

ヘッドライン:

韓国でユーチューバーの“迷惑行為”が問題、入店断る店も登場

配信日時:2019年11月24日(日) 9時20分
拡大
2019年11月18日、韓国・国民日報によると、韓国でユーチューバーが飲食店の営業を妨害したり他の客ともめたりする事例が増加し、「ユーチューバーお断り」を宣言する飲食店が出てきた。

記事によると、京畿道・加平にある飲食店では最近、ある有名芸能人が「モクパン(食事の様子を動画で撮影し公開すること)」をした後、ユーチューバーらが訪れて「調理過程を撮影する」とカメラを持ってキッチンに入り込んでくることが増えた。火にかけた鍋にマイクを突き付ける事案も発生し、店側は結局「ユーチューブの撮影を禁止する」との案内文を掲げたという。

ソウルのバーではセルカ棒を持って酒を飲む姿を撮影していた男性が、「私の顔が写るのは嫌だ」と抗議した他の客とけんかになった。バーの経営者は「最初は店の宣伝になると思って撮影を許したが、かえって常連客を失った」とし、「これからはユーチューバーの撮影は断るつもり」と話したという。また、あるテレビ番組で紹介された冷麺店は今年から「個人的な動画配信のための撮影をした場合、法的措置を取る」との警告文を掲げたそうだ。

一方でユーチューバーからは反論の声が上がっているという。日常生活を動画で公開する会社員は「店主らが食べ物の写真を撮ってSNSに投稿することを許可しておきながら、人々の関心がより集まりやすい動画の撮影を禁止するのは矛盾している」とし、「他の客に迷惑をかけるとして、ユーチューバーの入店を禁止するのは差別ではないか」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからは「飲食店の決定を支持する」「これはいい。店でのモクパンは変な文化だ」「賢明な決定だ。おいしい店はユーチューバーに頼らなくても心配ない」「いいと思う。ユーチューバーのせいで気楽にご飯を食べられないことがあった」など飲食店の「ユーチューバーお断り」に賛成の声が上がっている。

また、ユーチューバーの反論に対しては「ユーチューバーの入店禁止は店主の勝手だ。ユーチューバーがどうこう言う問題ではない」「料理の写真を撮る行為と人が食べる姿を撮る行為が同等だと考えていること自体間違っている」「あなたがどこの食堂に行こうが自由であるように、店主にも営業を妨害する客の入店を断る自由がある」など厳しいコメントが寄せられている。

その他に「道端での撮影も迷惑」「動画に写った他の人の顔をモザイク処理もせずに公開するのはどうかと思う」「店の片隅でカメラが回っていたら気楽にご飯を食べられない」「個人的な撮影なのだから他の人に迷惑をかけないように自分の部屋でやって」「カメラを回して一人で静かに食べるのは理解できるけど、テレビ局の撮影で来店した芸能人のように大声で話してパフォーマンスでもしているかのような人を見ると注意したくなる」など公共の場での撮影に不快感を示すユーザーも見られた。(翻訳・編集/長居)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

青木ケ原樹海で自殺者の遺体撮影した米国人ユーチューバー、過去にも日本で数々の迷惑行為!中国ネットの反応は…

7日、中国の動画メディア・梨視頻は、山梨県の青木ケ原樹海に立ち入って自殺者の遺体を撮影した動画をYouTubeに公開して批判を浴びている米国人ユーチューバーが日本で起こした迷惑行為の数々をまとめた動画を微博上で公開した。写真は微博より。

Record china
2018年1月11日 14時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング