韓国人観光客に重宝される日本のコンビニ、でも「買ってはいけないもの」がある?―韓国メディア

配信日時:2017年12月1日(金) 6時50分
韓国人観光客が日本のコンビニで「買ってはいけないもの」とは?
画像ID  613396
韓国メディア・インサイトが「実際に行った人だけが知っている、日本のコンビニで買ってはいけないもの」を紹介した。資料写真。
日本を訪れる韓国人が急増する中、訪日した彼らの旅の定番スポットとなっているのがコンビニエンスストアだ。

韓国のインターネット掲示板では日本のコンビニの素晴らしさについて語るスレッドがたびたび立ち、有名芸能人が「日本を訪れて真っ先にすることは、コンビニでたまごサンドを買って食べること」と番組で公言した例もある。韓国のコンビニは1人当たりの店舗数で日本を上回っているが、日本のそれは、韓国にはない大きな魅力を持っているようだ。ネット上では、先の「たまごサンド」のように特にパン類やスイーツなど食品の質の高さ、トイレも備えた清潔な店内が評価されている例が多く目に付く。

「日本はコンビニの食事でも十分満足できる」として節約旅にコンビニ食を活用する人もいるようだが、韓国メディア・インサイトがこのほど「実際に行った人だけが知っている、日本のコンビニで買ってはいけないもの」を紹介した。

記事が「日本のコンビニには、クオリティーと味が優秀と評価されることの多い食べ物がずらりと並んでいる」としながら、その例外として挙げたのが「弁当」だ。日本のコンビニ弁当に限っては、韓国の弁当とそれほど差が感じられないのだという。そのため、「弁当の代わりにおにぎりやパンなどを買った方が良い」とアドバイスした。

この記事では、他にも「行った人だけが知っている」日本旅行のこつが紹介されている。路線バスの乗り方の案内や便利な地図アプリの紹介など、旅人に必須かつ便利な情報の中、「日本でぜひ試してほしい」と挙がった2品が興味深い。

一つはアイスクリーム。記事は「デザート強国の日本には、カタクチイワシ、ワサビ、塩、ラーメンといったさまざまな味のアイスがある」とし、「街を歩いていてアイスクリーム店があったら一度は食べてみてほしい」と推薦。2品目は「日本の居酒屋で飲める酒」で、特にハイボールが「焼酎やビールとは違う魅力を感じられる」味として紹介されていた。(編集/吉金
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事