<北京五輪・関連>北京での聖火リレー、新ルートが発表

配信日時:2008年8月4日(月) 21時8分
<北京五輪・関連>北京での聖火リレー、新ルートが発表
画像ID  150034
4日、北京市で6日〜8日に行われる北京五輪聖火リレーの新ルートが発表された。聖火は5日晩、四川省から北京に到着。8日の開会式まで、市内18区・県を通過する。写真は故宮。
2008年8月4日、北京市で6日〜8日に行われる北京五輪聖火リレーの新ルートが発表された。聖火は5日晩、四川省から北京に到着。8日の開会式まで、市内18区・県を通過する。北京晩報が伝えた。

その他の写真

聖火リレーのクライマックスが、間もなく幕を開ける。最後の行程となる北京ルートは全長38.92km。841人のランナーが聖火を「鳥の巣」まで運ぶ。初日の6日は、市中心部の故宮や天安門広場、天壇公園などを通過。翌7日は、「万里の長城」(八達嶺)から出発し、昌平、懐柔など周辺8県を通過した後、旧正月の縁日で有名な東部の「地壇公園」で終了する。

最終日となる8日は、北京原人の遺跡である「周口店」から出発。北京のシリコンバレーと呼ばれる「中関村」のある海淀区などを通過し、開会式会場となる「鳥の巣」(国家体育場)に到着する。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事