Record China

ヘッドライン:

中国が関税大幅引き下げ、越境ECの規模拡大も―中国

配信日時:2017年11月28日(火) 7時50分
拡大
24日に発表された「国務院関税徴税規則委員会による一部商品の輸入関税調整に関する通知」によると、来月から暫定税率の形で一部商品の輸入関税を下げることが求められる。写真はコンテナ。

11月24日に発表された「国務院関税徴税規則委員会による一部商品の輸入関税調整に関する通知」によると、2017年12月1日から暫定税率の形で一部商品の輸入関税を下げることが求められる。食品、薬品、日用品、衣類・靴類・帽子類など広範囲にわたる商品が含まれ、平均税率は17.3%から7.7%に下がった。

中国電子商務研究中心の曹磊主任は、「現在、わが国の輸入関税、付加価値税、消費税は依然として高い水準で、関税の引き下げは国内の消費を促進するのみならず、海外電子商取引(EC)プラットフォームにとっても良いことである」との見方を示した。

オンラインリサーチ大手・艾瑞諮詢(アイリサーチ)、中国投資顧問などの第三機関によって、「一帯一路」構想を背景に、2017年にわが国の海外電子商取引の交易額は7兆元(約120兆円)を突破し、2018年には8.8兆元(約150兆円)に達し、2020年には12兆元(約200兆円)に達する見込みがあると予測されている。この先数年にわたって、わが国の海外電子商取引の交易額は毎年20%くらいの高い成長率を維持することを意味する。このほか、中国投資顧問によって、2020年には中国の海外電子商取引の交易額が輸出入総額の37.6%を占め、名実ともに対外貿易の重要な一部になると予測されている。(提供/環球網・編集/黄テイ)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「TPPの古い夢から覚めない日本」と中国メディア、「策を弄しても力の浪費」「短期的な目標も水の泡」と辛らつ

米国を除くTPP参加11カ国で大筋合意した「包括的および先進的なTPP(CPTPP)」について、中国メディアは「日本は夢から完全に覚めていない」と指摘。「策を弄しても力の浪費」「短期的な目標も水の泡」と論評している。資料写真。

Record China
2017年11月19日 10時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング