Record China

ヘッドライン:

ロゴ盗用疑惑の平昌五輪関連イベント、今度は企画責任者に詐欺の疑い=韓国ネット「平昌のイメージはもうガタ落ち」「大失敗の声がここまで聞こえる」

配信日時:2017年11月27日(月) 12時40分
拡大
24日、韓国・ソウル経済新聞などによると、来年の平昌五輪・パラリンピックを文化面から盛り上げようと行われている文化イベント「平昌文化五輪」の企画のトップに詐欺の疑惑が浮上した。写真は平昌五輪会場となる龍平リゾート。

2017年11月24日、韓国・ソウル経済新聞などによると、来年の平昌(ピョンチャン)五輪・パラリンピックを文化面から盛り上げようと行われている文化イベント「平昌文化五輪」の企画のトップに詐欺の疑惑が浮上した。同イベントをめぐっては、9月にロゴデザインの盗用疑惑も持ち上がっている。

水原(スウォン)地検特捜部は同日、地域イベントの補助金を横領した詐欺の容疑で、平昌文化五輪の総括企画者でチャラソム青少年ジャズセンター代表のA氏を調べていることを明らかにした。

A氏は2015年8月、京畿(キョンギ)文化財団から4億3000万ウォン(約4400万円)余りの補助金を受けて「ミュージックラン平沢(ピョンテク)」というストリート公演を開催したが、補助金のうち1億ウォン(約1030万円)相当を横領した疑いを持たれている。

A氏自身は「補助金関連業務についてはスタッフらが行っていたため私は何も知らない」と容疑を否認しているという。

検察は補助金の使途が一部不明だとしてA氏の逮捕状を請求したが、裁判所から棄却された。24日に令状審査を行った水原地裁は、棄却理由について「容疑について争う余地があり、現段階で逮捕の必要性が認められない」と明らかにした。

しかし逮捕のいかんにかかわらず、A氏が引き続き平昌文化五輪の業務を行うのは難しい見通しだ。国の文化体育観光部の関係者は「近いうちにA氏の進退について整理をしなければならないものとみられる」とし、「彼が引き受けた企画はすでに完了し実行段階にあるため、業務への支障はない」と話しているという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「五輪はうまくいってほしいけど、前政権のおかげで平昌関連のことは全部臭う」「後始末に大忙し」など、前朴槿恵(パク・クネ)政権を批判する声がある一方で、「みんな前政権のせいなの?前政権で担当がミスすると大統領のせい。今は担当がミスすると前政権のせい」と皮肉る声も上がっている。

また「平昌大失敗の声がここまで聞こえる」「お偉いさん同士の宴なんてどうでもいいです」「平昌のぼったくり説は海外にも広まって、もうイメージがガタ落ちだよ」と諦めめいたコメントも目立った。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

寒過ぎると物議の平昌五輪の屋根なしメーン会場、ついに究極の寒さ対策=費用と寒さを考えたら「札幌に行ってビールでも飲もう」と韓国ネット

21日、韓国・中央日報が、人々に平昌五輪の現地観戦をためらわせている原因が大きく三つあると報じた。まずチケットそのものが高額なこと、次に「常識外れ」に高い現地宿泊費、そして開催地の厳しい寒さだという。資料写真。

Record China
2017年11月22日 8時10分
続きを読む

モーテル1泊12万円!平昌五輪の地元の“おもてなし”に韓国人もびっくり=「これじゃ外国のメディアも来ないよ」「海外での韓国のイメージが…」

1日、平昌冬季五輪の開幕まで100日となり、韓国・テレビ朝鮮が、熱戦の舞台となる地元・江原道での準備の進み具合について報じた。写真は平昌五輪会場の一つ、龍平リゾート。

Record China
2017年11月4日 15時50分
続きを読む

平昌五輪の競技場、閉幕後は年間10億円以上の「赤字遺産」に=「大会を誘致してはいけなかった」「いったい誰のための五輪なの?」―韓国ネット

12日、韓国日報は、開幕まで3カ月を切った韓国の平昌五輪の競技場が、大会閉幕後には「赤字遺産」に転落する可能性が高いと伝えた。写真は平昌五輪スキー競技の会場となる龍平リゾート。

Record China
2017年11月16日 11時40分
続きを読む

ランキング