世界の高級ブランド品、3分の1を中国人が購入―中国メディア

配信日時:2017年11月27日(月) 6時0分
世界の高級ブランド品、3分の1を中国人が購入
画像ID  611316
25日、世界の高級ブランド品消費が回復している。その背景には、消費の32%を占める中国人の存在が大きいという。
2017年11月25日、中国メディアの澎湃新聞は、世界の高級ブランド品消費が回復していると伝えている。

ベイン・アンド・カンパニーの「2017年世界の高級品市場レポート」によると、世界の高級品市場の規模は1兆2000億ユーロ(約159兆億円)に達し、個人向け高級品販売高は過去最高を記録したという。

高級品の消費回復を支えているのが、消費の32%を占める中国人だ。マッキンゼー・アンド・カンパニーの統計によると、中国は25年までに760万世帯が高級品を総額約1兆元(約16兆9000億円)購入すると予測されている。

中国ではかつて、高収入世帯が高級品消費の中心だった。だが現在は、可処分所得が年1万〜1万6000ドル(約111万〜167万円)の新興中産階級世帯が中心となり、働く女性の増加や若いミレニアム世代(18〜34歳)が高級品消費を支える存在になっている。

中国での高級品消費はネットショッピングが主流となっている。若い世代でその傾向が強く、若者の高級品諸費は40%がオンライン販売によるものだという。

そのほか、現在ではまだ海外での消費が多くを占めるものの、中国国内での消費も徐々に割合が増えつつあるという。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事