Record China

ヘッドライン:

北京大教授が抗日神ドラマを批判=中国ネット「やっと本当のことを言う人が出てきた」「日本人に同情する」

配信日時:2018年8月8日(水) 11時20分
拡大
荒唐無稽さで知られる中国の反日ドラマについて、ある座談会で北京大学の教授が批判した。写真は抗日作品の撮影現場。

2018年8月7日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)によると、荒唐無稽さで知られ、「抗日神劇」ともやゆされる中国の反日ドラマについて、ある座談会で北京大学の教授が批判した。

抗日戦争を題材に扱ったドラマは数多く制作されているが、北京大学歴史学部の宋成有(ソン・チョンヨウ)教授は日本の侵略戦争を扱った専門書籍の出版記念座談会において、「このような戦い方ができていたら、戦争に8年もかかっていないはずだ」と指摘。

さらに、当時の人々が強いられた苦難をただ娯楽化しただけで、一種の思考停止でしかないとし、「万が一、再び戦争をするようなことが起きても、このような精神状態では勝てるはずもない」と批判した。

中国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「やっと本当のことを言う人が出てきてくれた」

「抗日神劇を見ると、日本が中国で8年も持ちこたえたのは容易じゃなかったことが分かる(笑)」

「うちの母ちゃん、朝っぱらからテレビで抗日神劇を見ているよ」

「それにしても、なぜ抗日神劇ばかり増えたんだろう?」

「国家新聞出版広電総局が安全性の高いテーマと認めているからだよ」

「こういうドラマが検閲をパスしているということ自体が、政府の姿勢と価値観を表している」

「そこで問題。誰がどう審査しているのか、分かるかな?」

「そういうことを言うと目をつけられるぞ…」

「人の命を奪うデータ偽造薬品と国民の意識をまひさせる抗日神劇、どちらの罪が重いだろう?」

「究極の選択だな。でも、ドラマは見ても死なないからなぁ」

「抗日神劇を見ていると日本人に同情したくなってくるから不思議」(翻訳・編集/岡田)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「僕はいつも韓国人だった」デニス・テンが生前語った“韓国愛”に注目集まる

19日、14年ソチ五輪のフィギュアスケート男子シングルで銅メダルを獲得したカザフスタンのデニス・テンさんが強盗に襲われ刺殺された。これを受け韓国では、テンさんが生前に語っていた“韓国愛”に注目が集まっている。写真はデニス・テンさん。

Record China
2018年7月20日 13時20分
続きを読む

ランキング