【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本で「唯一」そして「はじめて」の中国語団体連盟が誕生、30近い団体が参加

配信日時:2017年11月25日(土) 12時30分
日本で「唯一」そして「はじめて」の中国語団体連盟が誕生
画像ID  610839
12月2日、国内で「唯一」そして「はじめて」の中国語団体連盟、「Japanese&Mandarin Union−JMU」の設立パーティーが新橋で行われる。写真は加盟団体の過去のイベントの模様。
2017年12月2日、国内で「唯一」そして「はじめて」の中国語団体連盟、「Japanese&Mandarin Union−JMU(以下JMU)」の設立パーティーが新橋天香府で行われる。

その他の写真

JMUは、日本全国(現在、関東、関西のみ)にある30近くの中国語団体(日本、中国本土、香港、台湾、シンガポール、マレーシアなど)の代表たちによって結成された中国語団体連盟組織だ。

JMU立ち上げの発起人でもあり、自身では数年にわたり、日中交流会パンダクラブという日中交流団体を主催している浦雄一さんは次のように語っている。

「連盟立ち上げのきっかけはかれこれさかのぼること1カ月ほど前です。もともと、中国語団体を立ち上げている代表たちの思いは同じ。国籍、人種、そういったモノに縛られずに、中国語を話す仲間たちが、身近に楽しく共存できる場所作りをしたいということ。だったら、皆バラバラにやらずに、力を合わせて連盟組織を立ち上げて、日本人と華人が仲良く共存できる世の中を作っていかないか?と。関東、関西の知り合いの代表たちを集めて、ずっと昔から引っかかっていた自身のわだかまりを伝えてみたところ、『俺たちもそう思ってたよ。ぜひ一緒にやろう!』と。そうして、JMUの主旨に賛同してくれた仲間たちが、個人会員、加盟団体、協賛を含め、今は、日に日に増え続けています」。

12月2日の設立パーティーについて浦さんは、「私たちの主旨に共感してくださったさまざまなテレビ局、新聞社などを含むメディアの方々、そして、以前よりずっと第一線で日中交流の草の根活動を継続していらっしゃるNPOなどの団体の代表の方々もいらっしゃる予定です。ご来場いただいた皆様に、私たちのJMU立ち上げの思い、そして今後の抱負をお伝えするとともに、ご来場いただいた皆様に精一杯楽しんでいただけるように、さまざまな催しをご用意しております」と紹介した。

さらに、今後の抱負について、「来年以降のイベントに関しては、すでに確定しているのが、芸能事務所、プロダクションの方々とコラボして、中国語を歌う日本人歌手NO.1コンサート(歌手発掘コンサート)や華人ミスコン、中国フェスティバルの主催、日本の地方町おこしイベントなど、全国の団体と連動してリアル&ネットでイベントを主催できる、JMUならではの巨大なネットワーク力を生かして、中華圏関連のさまざまな面白いイベントの主催や、社会貢献活動に取り組んでいくつもりです」と語った。

設立パーティーは12月2日の午後7時30分から、新橋の天香府で行われる。

食べ放題&飲み放題のプランで、費用は3500円。予約は11月30日まで(http://jmyu.asia/)で受け付けている。当日は日本人のほか、中国人、台湾人、香港人、マレーシア人、シンガポール人、その他中国語圏の華人が参加する。(編集/内山
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事