Record China

ヘッドライン:

総工費1900億円、中部にチャイナタウン建設プロジェクト―韓国

配信日時:2008年7月30日(水) 14時18分
拡大
28日、韓国中部の忠清北道に、総工費約1920億円をかけた「チャイナタウン」建設プロジェクトが持ち上がっている。写真はマレーシア・マラッカのチャイナタウン。
(1/7枚)

2008年7月28日、韓国中部の忠清北道(チュウチョンプクド)に、総工費1兆8000億ウォン(約1920億円)をかけた「チャイナタウン」建設プロジェクトが持ち上がっている。現地政府と中国の民間会社が共同出資する。中国青年報の報道。

その他の写真

出資者の中国・北京城建国際公司と韓国・忠清北道(チュウチョンプクド)政府は、このほど、この建設プロジェクトにおいて協議を締結している。

忠清北道(チュウチョンプクド)は韓国内陸部でも特に経済発展を遂げている地区として知られている。このほど建設される「チャイナタウン」は330万平方メートルの敷地に、中国語などの教育施設、文化娯楽施設、宿泊施設、スポーツセンターなどを包括したものとなる。また、両国の伝統医学である中医(漢方)と韓医の研究施設や、中国シルク館などが目玉となっており、2012年に完成予定だ。

韓国では近年、首都・ソウル市郊外の港湾都市・仁川(インチョン)市に、国内唯一のチャイナタウンを再建。人気観光スポットとして全国に知れ渡った経緯がある。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

ランキング