Record China

ヘッドライン:

韓国の抗中ドラマの荒唐無稽さに比べたら中国の抗日ドラマなんてまだマシだった―中国メディア

配信日時:2017年11月23日(木) 22時50分
拡大
23日、中国メディアの陽光寛頻網にこのほど、韓国の「抗中ドラマ」の荒唐無稽さに比べたら中国の「抗日ドラマ」なんてまだマシだったとする動画が掲載された。写真は中国の抗日ドラマ。

2017年11月23日、中国メディアの陽光寛頻網にこのほど、韓国の「抗中ドラマ」の荒唐無稽さに比べたら中国の「抗日ドラマ」なんてまだマシだったとする動画が掲載された。

動画はまず中国の抗日ドラマについて「戦争という厳粛なテーマに、武侠やSFの要素を持ち込むなどしているが、それでも歴史の事実を曲げることはしていない」とし、「韓国の抗中ドラマの荒唐無稽さに比べれば中国のドラマなんて大したことはない」と持論を展開した。

続いて「韓国人は、孔子や李白など中国の歴史上の偉人を自国人と主張したり、中秋節を韓国起源と称したり、漢字を韓国人の発明として世界遺産に申請すべきと述べたりしている」と指摘。

その上で、韓国の歴史ドラマの「光宗大王〜帝国の朝〜」では「高句麗軍が唐の都の長安に攻め入り、唐の皇帝の李世民の片目を射抜き、李世民がひざまずいて許しを請うたり」、韓国映画の「The Divine Weapon」では「わずか100人余りの兵が10万もの大軍を『まるで原子爆弾のように威力のある』矢を使い敗走させたりしている」とし、「歴史を軽んじ恥知らずなことこの上ない」と主張した。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国で活躍する日本人女優が語った「抗日ドラマ」「日本人像」の変化―中国メディア

緑に囲まれ、明るい陽光が差し込むカフェに、爽やかなレモンイエローのトップスにチェックのサブリナパンツというスタイルで現れた女優の松峰莉璃さん。リラックスしたやわらかな笑みに、インタビューを控え緊張していたその場の雰囲気もあっという間に和む。

人民網日本語版
2017年9月21日 20時50分
続きを読む

中国の抗日ドラマ、肉まんが手りゅう弾に、ネットユーザー「ノーベル賞もの」―中国メディア

6日、参考消息網は記事「トンデモ抗日戦争ドラマで肉まんが手りゅう弾に早変わり、ノーベル賞ものだとネットユーザー」を掲載した。数々のありえないエピソードを生み出してきたトンデモ抗日戦争ドラマに新たなトンデモが加わったと話題になっている。

Record China
2017年3月8日 0時40分
続きを読む

ランキング