「東日本大震災の時はありがとう!」韓国の地震被害地域に救援物資を送った日本人女性=韓国ネットが感激

配信日時:2017年11月22日(水) 22時0分
韓国の地震被害地域に救援物資を送った日本人女性=韓国ネットが感激
画像ID  609641
21日、地震により大きな被害を受けた韓国・慶尚北道浦項市に救援物資を送った日本人女性が話題となっている。資料写真。
2017年11月21日、地震により大きな被害を受けた韓国・慶尚北道浦項市に救援物資を送った日本人女性が話題となっている。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

記事によると、愛知県に住む岩田恵さんはこのほど、マグニチュード(M)5.4の地震で浦項市が大きな被害を受けたとのニュースを見て「力になりたい」と考えた。浦項市に特別な思い入れはなかったが、地震により多くの建物が崩壊し、被災者が発生したとの情報を黙って見過ごすことができなかったという。岩田さんはまず、浦項市の公式ツイッターアカウントに地震発生時の行動要領や新聞紙やビニール袋で暖を取る方法などが書かれた64枚の写真を送った。さらに、被災地で役立ちそうなホッカイロや洗顔シート、ボディシート、簡易トイレなどを送ったことを伝えたという。

岩田さんは21日、韓国メディアのインタビューで「東日本大震災の時に韓国がたくさん支援してくれてありがたかった。私には韓国の友達が多いので力になりたかった」と明らかにした。

この報道に、韓国のネットユーザーは「感動した」「もしかして天使?」「心の温かい人。このニュースを絶対に忘れないよ」「分かち合いの心を持っている人。心がじーんとした」などのコメントを寄せ、感激した様子を見せている。

また、日韓政府が歴史問題で対立していることから「問題なのは日本国民ではなく、歪曲(わいきょく)した歴史を教える日本政府」「日本政府が歴史を認め謝罪すれば本当に良い隣国になれるのに」と嘆く声や、「私は政府、右翼、メディアを除いた日本人が好き。みんな親切でマナーがいい」と主張する声も見られた。

そのほか、「東日本大震災の時に何もしなかった自分が恥ずかしくなった」と反省するユーザーや、「この日本人女性の人生に幸せがたくさん訪れますように!」と願うユーザーもいた。(翻訳・編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事