Record China

ヘッドライン:

日本人は中国のこのサービスから離れられない―中国メディア

配信日時:2017年11月25日(土) 21時10分
拡大
21日、海外網は、中国のモバイル決済システムが急速に浸透し始めており、「日本人は中国式決済から離れられなくなった」とする記事を掲載した。写真はウィーチャットペイ。

2017年11月21日、海外網は、中国のモバイル決済システムが日本で急速に浸透し始めており、「日本人は中国式決済から離れられない」とする記事を掲載した。

JR東日本は21日から、大型商業施設アトレの上野、秋葉原の2施設で微信支付(ウィーチャットペイ)と支付宝(アリペイ)による決済サービスを開始した。同社によると、増え続ける中国人観光客による消費の利便性をより高めるため、来年末までに全てのアトレの1500店舗にウィーチャットペイとアリペイを導入するという。

また、日本の大手ディスカウントショップ、ドン・キホーテも一昨年からアリペイ、今年6月からはウィーチャットペイの決済サービスをそれぞれ導入しており、現在全国の約40店舗で使用可能だ。この二つのサービスで決済した中国人客の平均購入額は、現金やクレジットカードを利用した中国人客よりも30%前後多いとのことで、同社では今後二つの決済サービスがさらに普及することで売上額も増加すると見込んでいるようだ。

アリペイを運営するアリババによれば、日本国内でアリペイを利用できる店舗はコンビニエンスストアや雑貨店を中心にすでに3万店を超えている。また、具体的な数字は出ていないものの、ウィーチャットペイが使える店の数も増え続けているとのことで、もはや日本社会に浸透しているといえる状況だ。

記事は、関係者の話として「電子決済は中国人の生活に欠かせない一部となっており、現金を持ち歩かない中国人がますます多くなっている。日本人も徐々にそのようになっていくだろう」と語っていることを紹介した。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の「Jコイン」は中国への対抗策?モバイル決済のデータ争い激化―中国紙

日本の複数の銀行はこのほど、2020年東京五輪までに新型のデジタル通貨「Jコイン(仮称)」を投入する計画であることを明らかにした。みずほフィナンシャルグループとゆうちょ銀行を中心とした銀行財団が発起し、日銀と金融監督部門の支持も取り付けている。

人民網日本語版
2017年10月27日 11時10分
続きを読む

日本でも激変…中国のモバイル決済サービスが世界の決済スタイルを根本的に覆す―中国紙

中国で急速に普及するモバイル決済サービス。すでに日本など海外へも進出を始めている。モバイル決済が世界に広がるにつれ、グーグルやFacebook、アマゾン、ソフトバンクなど、この巨大な市場に焦点を合わせる多国籍企業も増えている。

人民網日本語版
2017年10月11日 21時30分
続きを読む

ランキング