Record China

ヘッドライン:

路上で異臭騒ぎ、硫化水素を含む液体を発見―北京市

配信日時:2008年7月24日(木) 15時32分
拡大
23日、北京市大興区の路上で、毒性の強い硫化水素を含む液体の入ったタンクが発見され、大変な騒ぎになっている。資料写真。
(1/7枚)

2008年7月23日、北京市大興区の路上で、毒性の強い硫化水素を含む液体の入ったタンクが発見され、大変な騒ぎになっている。新京報が伝えた。

その他の写真

午前8時40分頃、液体の入った黒いタンクは3個見つかった。周囲には強烈な異臭。発見したのは通りがかった近所の住民だった。駆け付けた警官は現場をすぐに封鎖。一部はすでにタンクから漏れ出していたが、警官は当初、このやや緑色をした液体の正体がわからなかった。その後、消防と環境保全部門が、毒性の強い硫化水素を含む液体であると断定。警官達は直ちに防毒服を身につけた。液体は爆発物検知器にも反応した。

液体の詳しい成分については、現在、同区環境保全局が検査中。結果が出るまでには数日を要するという。また、液体が路上に置かれた経緯などについても、警察当局が捜査を行っている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

工場で63人が中毒、2人死亡=毒性ある「ニセモノ塩」が原因か―広東省深セン市

23日、広東省深セン市の自動車メーカー比亜迪汽車(BYDオート)の従業員63人が、食中毒を起こす事件が発生した。すでに2人が死亡、3人が重体、19人が入院中。原因は化学工業原料で毒性を持つ「亜硝酸塩」と特定された。警察は「事件性が強い」として捜査を開始している。

Record China
2008年2月25日 11時6分
続きを読む

異臭を放つオレンジの煙が発生、有害の可能性ありか!?―陝西省西安市

2007年3月6日、陝西省西安市郊外でオレンジ色の煙が発生。付近住民が家に避難する騒ぎが起こった。この煙は近くの工場から出たもので、パイプが割れたために気体が漏れてしまったという。有害物質を含んでいるかどうかは不明。現在、警察による調査が続いている。

Record China
2007年3月8日 19時37分
続きを読む

「これは爆発物だ」で空港パニック!液体物持ち込み違反、国内線で初の拘束―北京市

16日、北京首都国際空港で乗客の男性が、機内に歯磨き粉を持ち込もうとしたところ、空港係員に止められ逆上、「これは爆発物だ」と思わず言ってしまったことから現場が一時パニック状態となった。写真は北京首都国際空港の出入国検査所。

Record China
2008年3月21日 22時44分
続きを読む

ランキング