<中華経済>イラン産原油の輸入減少、価格がネックに―中国

配信日時:2008年7月24日(木) 15時1分
<中華経済>イラン産原油の輸入減少、価格がネックに―中国
画像ID  146903
23日、中国のイラン産原油の輸入量が6月、過去18カ月で最低の水準となった。23日付香港・経済通によると、中国関税当局はこのほど、08年6月のイランからの輸入原油量が1日当たり28万6000万バレルで、前年同期に比べ50%下落したと発表した。
2008年6月23日、中国のイラン産原油の輸入量が6月、過去18カ月で最低の水準となった。23日付香港・経済通によると、中国関税当局はこのほど、08年6月のイランからの輸入原油量が1日当たり28万6000万バレルで、前年同期に比べ50%下落したと発表した。

輸入量の下落は、イラン産軽質原油の価格が比較的高いことが挙げられる。国有関連企業の関係者によると、中国の石油企業は石油製品の精製コストが販売価格を上回っている状況を受け、コスト削減に注力しており、これがイラン産原油を敬遠する理由となっている。

中国国内の石油製品は、インフレ防止を目的に政府が価格を統制しており、結果として価格が低く抑えられているため、原油価格が高騰する中でもコスト上昇分を製品価格に転嫁することはできない。また、中国国内での石油製品に対する需要が拡大していることを背景に、政府が石油企業に対して増産を奨励していることも、赤字がさらにかさむ要因となっている。

5月からイラン産原油の輸入量が減少しており、5月の輸入量は前年同月に比べ3%減だった。1−3月期の1日当たり輸入量は平均で46万5000バレル。(翻訳・編集/KS)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事