Record China

ヘッドライン:

カンボジアが第2のマカオに?カジノで税収を大幅増加、主要顧客は中国人―香港紙

配信日時:2017年11月20日(月) 23時50分
拡大
カンボジアが「第2のマカオ」になっているという。写真は首都プノンペン最大のカジノ・ナガワールド。
(1/4枚)

2017年11月18日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、カンボジアが「第2のマカオ」になっているという。

その他の写真

記事によると、中国政府による汚職撲滅キャンペーンや資金の持ち出し規制の影響でマカオのカジノ業に大打撃が生じたが、それと入れ替わるようにカンボジアのカジノが業績を大幅に伸ばしている。

不況に陥ったマカオ賭博業の“金主”たちは、カンボジアのカジノで中国人客を受け入れていた。カンボジアはカジノ業への課税で2016年に4800万ドル(約54億円)もの税収を上げたという。

首都プノンペン最大のカジノ・ナガワールドを運営するナガグループは、さらなる中国人の集客を見込んで11月から903室もの客室を擁する新カジノの建設に着手したという。(翻訳・編集/岡田)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

安倍内閣閣僚に届いた中国語の大量メール、中身を見た中国人が爆笑―中国紙

17日、環球時報は記事「安倍内閣閣僚が数万件もの怪しい中国語メールを受信、文面を見た中国ネットユーザーは爆笑」を掲載した。日本メディアは「何が目的なのか、謎は深まるばかり」と報じているが、中国ネットユーザーはすぐに状況を察したようだ。

Record China
2017年8月18日 13時50分
続きを読む

アパホテル問題、河村市長発言…中国が日本制裁に新手法―米華字メディア

24日、米華字メディア・多維新聞は記事「アパホテル封殺、市長に圧力=中国の日本制裁に新手法」を掲載した。従来は歴史認識問題で対立した場合、日本全体が批判と制裁の対象となっていたが、今回は一企業、一政治家に批判は限定されている。写真はアパホテル。

Record China
2017年1月26日 22時40分
続きを読む

ランキング