インドと日本が協力して月探査、双方のメリットとは―中国メディア

配信日時:2017年11月20日(月) 6時50分
インドと日本が協力して月探査、双方のメリットとは
画像ID  608232
19日、中国メディアの新華社が、日本とインドが協力して月探査を行うと伝えた。資料写真。
2017年11月19日、中国メディアの新華社が、日本とインドが協力して月探査を行うと伝えた。

インド宇宙研究機関のキラン・クマール総裁は17日、インドのバンガロールで開催された第24回アジア・太平洋地域宇宙機関会議の席上で、インドは日本と協力して月探査を行うことについて協議していると語った。

これより前、インドと日本はすでに月探査計画を始動させている。日本は07年に月周回衛星「かぐや」を打ち上げており、インドも08年に月探査機「チャンドラヤーン1号」を打ち上げていて、探査機本体から切り離して月面に投下される探査機・インパクターの月面衝突に成功している。

インドメディアは、インドの「チャンドラヤーン1号」はミッションに8000万ドル(約90億円)かかったが、日本の「かぐや」は4億8000万ドル(約540億円)の費用がかかったと紹介。日印双方が協力することで、日本はインドから少ない費用で多くの成果を得る方法について学ぶことができ、インドは資金面での協力が得られると分析した。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<