中国人の「抗韓」はもはや過去、中国人観光客めぐるあるデータに注目―米華字メディア

Record China    2018年5月4日(金) 10時10分

拡大

30日、米華字メディア・多維新聞は訪韓中国人観光客に関するあるデータに注目し、「中国の民間レベルの『抗韓』はもはや過去のこと」と指摘する記事を掲載した。写真はソウル。

2018年4月30日、米華字メディア・多維新聞は訪韓中国人観光客に関するあるデータに注目し、「中国の民間レベルの『抗韓』はもはや過去のこと」と指摘する記事を掲載した。

同メディアが取り上げたのは、韓国のコンビニ大手CUが発表した中国人客の決済データや3月の訪韓中国人観光客が減少傾向から脱却したなどというデータだ。

CUの発表によると、今年第1四半期の中国人客による銀聯カード、アリペイの利用回数は前年同期に比べ73.5%増加。また、韓国観光当局は3月の訪韓中国人観光客が前年同月比11.8%増の延べ40万3000人に達し、昨年3月以降の減少傾向から抜け出したとのデータを発表している。

記事は、「朝鮮半島情勢の緊張や韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で韓国を訪れる中国人観光客は大幅に減った」とこれまでの状況を紹介するとともに、中韓に関係改善のムードが出現したのに伴い、銀聯カード、アリペイの利用回数が今年1月は前年同月比16%増、2月は32.9%増、3月は247%増と大幅な拡大を遂げたことも伝えている。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携