Record China

ヘッドライン:

日本でカニが1杯500万円で競り落とされる=「私の存在価値はこのカニにも及ばなそう」―中国ネット

配信日時:2019年11月8日(金) 19時50分
拡大
7日、Vista看天下は、日本でカニが1杯500万円で競り落とされたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2019年11月7日、中国メディアのVista看天下は、日本でカニが1杯500万円で競り落とされたと伝えた。

7日に鳥取県で開かれたズワイガニの初競りで1杯のカニが500万円で競り落とされた。鳥取県の最高級ブランド「五輝星」に認定されたカニで、甲羅の幅は14.6センチ、重さは1.24キロあるという。記事は「(500万円という)落札額は18年の200万円がつくったギネス記録を打ち破った」と伝えた。

このニュースに中国のネットユーザーからは「金持ちの世界というのは本当に理解できない」「こんな大金をはたいてカニを買う人の気持ちが理解できない」など、理解に苦しむというコメントが多く寄せられた。

また、「こんなに高いなんて、食べたらカニ歩きになるんじゃないかな?」「自分にこんな価値があったのかとカニが言っているよ」「これは神戸ビーフを食べて育ったカニなのだろう」「カニみそがダイヤモンドでできているとか?」「私の存在価値はこのカニにも及ばないようだ」など、ユーモラスなコメントも多かった。

ほかには「宣伝だな。マーケティングだよ」という意見があったが、いずれにしても、日本の初競りでこのようなご祝儀相場になることは、中国のネットユーザーにはなじみのないことなのかもしれない。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

夕張メロンが2玉で320万円!過去最高値に「俺の年収と同じ」「長野で1玉3000円のを見掛けたが…」―中国ネット

28日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博アカウントの微天下は、日本メディアの報道を引用し、夕張メロンに2玉320万円の値段がついたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はメロン。

Record China
2018年6月1日 9時30分
続きを読む

ランキング