外交部、日米「インド太平洋戦略」が地域の平和にプラスであることを希望

配信日時:2017年11月14日(火) 20時0分
画像ID 
日米が最近繰り返し言及しているインド太平洋戦略について、外交部(外務省)の耿爽報道官は13日の定例記者会見で「関係国の定める政策と行動が地域の平和・繁栄・安定の維持・促進にプラスであることを希望する」と表明した。

耿報道官は「平和的発展、協力・ウィンウィンは時代の潮流であり、世界の大勢だ。どの国や地域の発展も潮流に沿い、大勢と一致するものであるべきだ。各国は地域協力をどう推進するかについて構想や主張を打ち出すことができるが、こうした構想や主張は潮流に沿い、大勢と一致するものであるべきだ。また、開放・包摂的で、各国の協力・ウィンウィンにプラスであるべきで、政治化や排他的な取り決めは避けるべきだ」と表明した。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<