【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

中国科学院、バイオ医薬品共同実験室を設立

配信日時:2017年11月13日(月) 21時20分
画像ID 
中国科学院微生物研究所はこのほど、浙江瀚葉股フン有限公司(フンはにんべんに分)に「L-アラニン菌」の特許技術を譲渡し、バイオ医薬品共同実験室を設立した。アミノ酸は飼料、医薬品、健康食品、食品、化粧品業界で広く用いられている。中国は世界最大のアミノ酸生産国だが、革新的な商品が少ない。中国科学院微生物研究所は長年の研究により、独自の知的財産権を持つアミノ酸菌革新プラットフォームを構築した。このたび設立されたバイオ医薬品共同実験室は将来的に、伝染病防止製品、腫瘍治療手段(免疫療法、腫瘍崩壊性ウイルス治療)、医薬品用アミノ酸の生産、糖尿病、認知症などをめぐり、バイオ医薬品関連技術・商品の研究開発に取り組む計画だ。人民日報が伝えた。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<