Record China

ヘッドライン:

中国・習主席「世界の遅刻王」に、プーチン露大統領に「完勝」―米華字メディア

配信日時:2017年11月12日(日) 15時30分
拡大
12日、米華字メディアの多維新聞は、中国の習近平国家主席がプーチン露大統領に「完勝」し「世界の遅刻王」になったと伝えている。資料写真。

2017年11月12日、米華字メディアの多維新聞は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席がプーチン露大統領に「完勝」し「世界の遅刻王」になったと伝えている。

韓国紙・中央日報の報道を引用して伝えたもので、日米中露など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が10日、ベトナム中部ダナンで開幕したが、習主席は20カ国・地域の首脳を長い間待たせた「世界の遅刻王」になった。

中央日報は「これまで主要国首脳の中で悪名高い遅刻王はプーチン露大統領だった」と指摘。「9月の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談に34分も遅刻した」とし「それでも34分の遅刻はまだ良い方で、14年にはドイツのメルケル首相を4時間、16年には日本の安倍首相を2時間待たせた」とした上で、「そんなプーチン大統領もAPECの夕食会には後ろから3人目に入場し、それからしばらくたって会場に姿を見せたのが習主席だった」と報じている。

中央日報はまた「ロシアと中国の遅刻競争とは異なり、トランプ米大統領、文大統領、安倍首相は比較的早く会場入りした」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米中首脳会談、「皇帝級待遇」も対北朝鮮では平行線、「期待外れ」「物足りない」と韓国紙

中国訪問で「皇帝級待遇」で歓迎された米国のトランプ大統領。米中首脳会談で最大の焦点の北朝鮮問題では「朝鮮半島の非核化」で一致しただけだった。韓国紙は一斉に「期待外れ」「物足りない」などの声を上げている。資料写真。

Record China
2017年11月11日 16時50分
続きを読む

<コラム>習近平の「毛沢東志向」がさらに鮮明に、共産党内部からも大物失脚と権力闘争の関係示唆

中国共産党中央組織部の陳希部長が幹部登用の基準を論じる文章を発表。政権に対する忠誠を強く求める内容で、習共産党総書記の「毛沢東志向」が鮮明に打ち出された。これまでの「大物失脚」の背景に権力闘争の側面があったと読み取れる部分もある。写真は天安門広場。

如月隼人
2017年11月8日 19時10分
続きを読む

ランキング