Record China

ヘッドライン:

韓国人が「てっきり韓国語だと思っていた」日本語ラインアップ―韓国ネット

配信日時:2017年11月12日(日) 18時0分
拡大
韓国のあるネットユーザーが、掲示板で「最近まで韓国語だと勘違いしていた日本語」をいくつか紹介した。資料写真。

現在、韓国で一般に使われる言葉の中には日本語など外来表現に由来するものが少なくなく、その「出自」が特に意識されずに広く浸透している例も多い。一方で、こと日本語由来の語については「日本統治の名残」として、特定の業界や行政が乗り出し清算を図る動きがたびたびみられる。

そんな韓国のあるネットユーザーが、掲示板で「最近まで韓国語だと勘違いしていた日本語」をいくつか紹介した。祖母などが口にするのを幼い頃から繰り返し耳にし、あまりになじんでいたため、当然韓国語だと思っていたという。

挙がったのは、「ズボン」「タマネギ」「袖なし」「お盆」「枠」「いっぱい」の六つ。

実は、終戦後70年、韓国にとっては解放から70年に当たった2015年に、韓国の大学の研究チームが「大学生がよく使う日本語由来の単語」を調査しており、「傷」「感じ」「分配」「忘年会」「無鉄砲」など30の語を挙げているのだが、上の六つのうちここに含まれているのは「枠」のみ。それだけさまざまな日本語が、韓国語の中に入り込んでいるとも言える。

投稿者も「僕の場合は…」と前置きして六つの言葉を挙げたように、他のネットユーザーにもそれぞれの「勘違い」があるようだ。他の人たちからは「バケツ」「割り箸」「満タン」などが挙がり、韓国語で鍋を意味する「ネンビ」の語は日本語の「ナベ」の音からきていると解説する人も。

また、もともとは英語の「all right」からきたとされる「オーライ」が、日本を経由して韓国でも浸透していることから、「小さい頃はこれが英語だなんて思いもしなかったよ」との告白もあった。(編集/吉金

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本でも知られる韓国のトップ女優ら、慰安婦テーマの映画に続々出演決定=「悲しい歴史だけど楽しみ」と韓国ネットの期待高まる

23日、韓国の人気女優ハン・ジミン(34)が慰安婦問題を扱った韓国映画「Her story」(仮題、ミン・ギュドン監督)に特別出演すると韓国の複数の芸能専門メディアが報じた。写真は在韓日本大使館前の慰安婦像。

Record China
2017年10月23日 18時40分
続きを読む

「駐日大使は誰でもできる仕事ではない」潘基文氏が韓国の外交人事を痛烈批判=韓国ネットは皮肉たっぷり「それを言うなら国連事務総長だって…」

18日、前国連事務総長の潘基文氏が、文在寅政権で出そろった日米中露4カ国の新しい韓国大使の顔触れについて、韓国を取り巻く「4強」の大使は「誰がやってもいいわけではない」と痛烈に批判した。写真は潘基文氏。

Record China
2017年10月19日 12時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング