GDP、インターネット、交通…中国と日本はどれほどの差があるのか?―中国ネット

配信日時:2017年11月11日(土) 17時40分
GDP、ネット、交通…中国と日本はどれほどの差があるのか?
画像ID  603400
9日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国と日本はどれほどの差があるのかについて分析する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2017年11月9日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国と日本はどれほどの差があるのかについて分析する記事が掲載された。

記事は、客観的な観点から中国と日本を比較し、中国が優れている点、劣っている点を分析した。まず取り上げたのが国民総生産(GDP)だ。2017年のGDP予測では、中国が13兆1735億8500万ドル(約1500兆円)だが、日本は4兆3421億6000万ドル(約495兆円)で、中国は日本の約3倍の予想だという。

1人当たりGDPでは、2016年に日本が3万8000ドル(約433万円)なのに対し、中国は8260ドル(約94万円)だ。記事は、日本は早くからの先進国で人口も1億2000万人しかいないので、中国とは比較できないと主張。しかし、日本は1人当たりのGDPが減少段階に入っている一方、中国は急上昇しており、15年から20年後には日本を超えるだろうとした。

また、インターネットの便利度で中国は日本を圧倒していると指摘。ネットショッピングで商品が配達される速度は非常に速く、モバイル決済が普及しているので現金がなくても問題ないが、日本は配達が遅く、外出時の現金は必須だとした。

交通の便利さでは、日本の方が中国に勝るという。特に東京の交通網は完璧で、時間も正確であり、この点は中国も少しずつ改善すべきだとした。さらにサービス業でも日本が圧勝で、店でも政府機関でも笑顔で応対するのは中国と全然違うという。ほかには、エコ意識でも日本が勝るという。日本人はごみをきちんと分別し浪費をしないと伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「国民の民度では中国は50年遅れている」、「国民の教育レベルでは日本と大きな差がある。貧富の差は中国の方が日本よりずっと大きく、執政者の廉潔度でも日本に劣る」などのコメントが寄せられた。

また、「1人当たりGDPで中国と日本ではケタが1つ違うのに、よく大きなことが言えたものだ」、「差はまだまだ大きいだろ。中国は自分の欠点を直視できないことが最大の欠点だ」という意見もあり、全体的には謙虚なコメントが多かった。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事