Record China

ヘッドライン:

<女子中学生殺害><続報>地元警察トップらがクビ、職務怠慢で―貴州省甕安県

配信日時:2008年7月4日(金) 17時50分
拡大
1/5枚
2008年7月4日、貴州省甕安(ウォンアン)県で発生した15歳少女の不審死に絡んだ数万人規模の暴動について、「職責を果たさなかった」として、地元の甕安県公安局長らが免職処分を受けた。貴州日報の報道。

その他の写真

免職処分となったのは甕安県公安局の申貴栄(シェン・グイロン)局長と、甕安県常務委員・政法委員会書記・甕安県公安局政治委員を兼任する羅来平(ルオ・ライピン)氏。新人事は既に決定しており、3日夜には着任済み。

事件の発端となったのは先月末に発生した15歳の女子中学生の死。性的暴行を加えられた後、殺害された。警察は加害者とつながりがあるために事件をもみ消したとのうわさが広がり、地元では警察に対する不信感が高まっている。

貴州省委員会は3日に同事件に関する報告会を実施し、事件後の処理に対する職務怠慢として幹部クラスの人物らを徹底追及した。会議は関連監察部門に対し、「中国共産党規律処分条例」にのっとって県委員会および県政府の主要幹部らについて調査を進めるよう求めた。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

<女子中学生殺害><続報>「事件の真相を語る」記者会見緊急開催―貴州省新聞弁公室

1日、貴州省甕安県で発生した15歳の少女の不審死について、数万人規模の抗議活動が発生した事件で、貴州省政府新聞弁公室などは共同で記者会見を開き、事件の原因などについて語った。写真はレコードチャイナ初公開の公安庁の最終報告書。(写真提供:zola)

Record China
2008年7月2日 12時46分
続きを読む

<女子中学生殺害><続報>「性的暴行の痕跡なかった」=会見で検死官―貴州省

1日、貴州省で発生した15歳少女の不審死に絡んだ暴動を受け、同省人民政府新聞弁公室などが合同で会見を開き、「検死の結果、少女が性的暴行を受けた痕跡はなかった」と発表した。写真は30日の現地の様子。武装警察による警戒が続いている。(写真提供:zola)

Record China
2008年7月2日 15時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング