Record China

ヘッドライン:

トランプ氏が日本で見せた“非常識な”コイの餌やり、韓国でも話題に=「あきれ過ぎてかわいく思える」「早く帰りたかったんだろう」

配信日時:2017年11月6日(月) 21時10分
拡大
6日、来日中の米国のトランプ大統領が池のコイに餌をやる姿が韓国でも注目を集めている。資料写真。

2017年11月6日、来日中の米国のトランプ大統領が池のコイに餌をやる姿が韓国でも注目を集めている。

韓国・聯合ニュースは同日、トランプ大統領が東京・元赤坂の迎賓館で安倍晋三首相と共にコイに餌をやったと、AP通信の報道を引用し写真を交え報じた。記事は、「安倍首相がさじですくった餌を丁寧にまいたのに対し、トランプ大統領は最初こそさじを手にしたものの、こらえ切れなくなったように餌の入った箱を逆さまにして餌を池に一気にばらまいた」と説明、「後ろでこれを見ていたティラーソン米国務長官も、この“非常識な”方法に爆笑した」と伝えた。

この様子に思わず噴いてしまったのは日本のネットユーザーも同じのようで、これを報じた記事には「ダイナミック」「この写真だけで笑える…」「なんやこの餌のやり方?全くやる気ないな」「餌のやり方がトランプさんのイメージのまんまで笑った」などのコメントが続々と寄せられている。

そして、この話題には韓国のネットユーザーも大注目。記事には短時間のうちに4000件ものコメントが集まり、「性格がそのまま見えるね」「この安倍さんの表情見てよ」「面倒くさくて餌を捨てたって感じだな」など、日本ネットと似たような感想が多くの共感を得ている。

また、「なんだか日本文化と合わない(笑)」「たまにあきれ過ぎてかわいく思えることすらある」といった指摘や、「ただただ早くまいて家に帰りたいんだろう」「トランプさんが日本人を軽んじてるってことだ」「コイの餌のやり方なんて決まってないだろ」「安倍:(内心で)この人、コイの餌やり初めてなのか?トランプ:(内心で)この人、なんでもやらせようとするなあ」などなど、トランプ大統領や安倍首相の胸の内を勝手に推測するコメントも多数寄せられた。(翻訳・編集/吉金

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

訪韓迫るトランプ大統領に韓国の子どもたちが「お願い」の手紙=ネットで大不評「まるで米国の植民地…」「ホワイトハウスのごみ箱で発見されそう」

25日、就任後初の訪韓が迫った米国のトランプ大統領に向け韓国の子どもたちが「お願い」の手紙を書いたが、この試みは韓国のネット上で不評を買ってしまっているようだ。写真はトランプ大統領。

Record China
2017年10月28日 16時50分
続きを読む

ランキング