Record China

ヘッドライン:

<世界遺産>客家の集合住宅「土楼」、審査始まる―福建省

配信日時:2008年7月3日(木) 11時27分
拡大
1/8枚
2008年7月2日、世界遺産への登録可否を審査するユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会がカナダのケベックで開幕した。福建省の「客家(はっか)土楼」を推薦する同省政府代表団も現地入りし、審査の行方を見守る。新華社通信(電子版)が伝えた。

その他の写真

この「客家土楼」は、福建省の山間部に居住する「客家」と呼ばれる人々が建てた集合住宅。その外観は独特で、四方を土壁が取り囲み外敵から身を守る作りになっている。大半が4階建てで、1階が台所、2階が倉庫、3階と4階が居住スペースというのが一般的。丸い形のものは「円楼」、四角いものは「方楼」と呼ばれる。その始まりは11〜13世紀の宋・元時代。

「客家」はもともと華北(黄河以北)に住んでいたが、戦火を逃れ南部に移り住んだ。そのため「客家」とは「よそもの」という意味がある。一族からは優秀な人材を多く輩出しており、中国「改革・開放の父」と呼ばれるトウ小平(とう・しょうへい)元国家主席や中国国務院の李鵬(り・ほう)元首相も客家人といわれる。

今回、世界遺産へ登録申請したのは、同省永定県を始めとする46か所の土楼群。世界遺産委は10日まで開催される。(翻訳・編集/NN)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング