Record China

ヘッドライン:

<中華経済>国内線の燃油サーチャージ引き上げ、燃料値上げに対応―中国

配信日時:2008年7月1日(火) 14時56分
拡大
6月30日、国家発展改革委員会と中国民用航空局は7月1日から国内線の燃油サーチャージの徴収基準を引き上げると発表した。資料写真。
(1/4枚)

2008年7月1日、6月30日付中国新聞社によると、国家発展改革委員会と中国民用航空局は30日、7月1日から国内線の燃油サーチャージの徴収基準を引き上げると発表した。

その他の写真

旅客1人当たりの徴収料金を、飛行距離800キロメートル未満で従来の60元から80元に、800キロメートル以上を従来の100元から150元に引き上げる。7月1日以降の発券に適用する。

中国政府は6月20日、即日から石油製品価格を引き上げると発表した。航空燃料の引き上げ幅は1トン当たり1500元。航空各社は燃油サーチャージの引き上げを民用航空局に求めていた。(翻訳・編集/HI)

関連記事

<中華経済>キャセイ航空など航空5社がサーチャージ引き上げへ―香港

26日付香港・経済通によると、香港の航空当局、香港民航処(CAD)はこのほど、大手航空会社、国泰航空有限公司(キャセイ航空)など航空会社5社による燃料特別付加運賃(サーチャージ)の引き上げを承認した。適用は6月1日から。写真はキャセイ航空。

Record China
2008年5月27日 21時49分
続きを読む

<中華経済>航空会社の燃料特別付加運賃引き上げ相次ぐ―中国

28日付香港・経済通によると、中国の三大航空会社の一つ、中国国際航空股〓(にんべんに分、以下同)有限公司が6月から燃料特別付加運賃(サーチャージ)引き上げる。中国の航空当局、中国民用航空総局(民航総局)がこのほど承認した。写真は中国国際航空。

Record China
2008年5月29日 20時47分
続きを読む

ランキング