2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

<中華経済>広東鋼鉄集団が開業、宝鋼が80%出資―中国

配信日時:2008年6月30日(月) 13時0分
<中華経済>広東鋼鉄集団が開業、宝鋼が80%出資―中国
画像ID  140771
28日、中国最大の鉄鋼メーカー、宝山鋼鉄集団(宝鋼集団)と広東省政府などが出資して設立した広東鋼鉄集団有限公司が、広東省広州市で開業式典を行った。同省内の鉄鋼メーカー2社を再編する形で、同省の鉄鋼業をてこ入れするのが狙い。
2008年6月30日、28日付中国新聞社によると、中国最大の鉄鋼メーカー、宝山鋼鉄集団(宝鋼集団)と広東省政府などが出資して設立した広東鋼鉄集団有限公司が28日、広東省広州市で開業式典を行った。同省内の鉄鋼メーカー2社を再編する形で、同省の鉄鋼業をてこ入れするのが狙い。

広東鋼鉄集団の資本金は358億6000万元。うち宝山鋼鉄は286億8800万元を現金で出資し、80%の株式を保有。残りの71億7200万元分は広東省国有資産監督管理委員会(国資委)、広州市国資委がそれぞれ韶鋼集団、広鋼集団の一部国有資産を現物出資する形で、株式20%を取得する。

新会社は同省南部の湛江市に生産工場を建設し、各種鉄鋼製品を生産するほか、R&D(研究開発)センターを設け、自主開発製品の研究を進める方針。

宝山鋼鉄集団の徐楽江董事長によると、広東鋼鉄集団の開業を通じて、宝鋼集団、韶鋼集団、広鋼集団の3社の製品構造の見直しや、技術の向上や管理水準を高めることができ、結果として市場競争の強化につながる。(翻訳・編集/KS)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事