Record China

ヘッドライン:

日本の学生ボランティア、ハンセン病の施設を訪問―広東省湛江市

配信日時:2006年8月20日(日) 23時15分
拡大
ハンセン病治療施設でボランティア活動を行う日本人大学生。
(1/7枚)

2006年8月18日午前、広東(かんとん)省湛江(じんこう)市の徐聞県城北郷海豊(ハイフン)村にて、31名の若者がボランティア活動をしている。海豊村にはハンセン病の治療施設があり、下は33歳から上は76歳までの、50名の全国からのハンセン病患者が住んでいる。村を訪れたボランティアは9人が東京、1人が横浜出身の日本人の大学生で、年齢は18〜23歳。8月11日の午前に到着し、10日の滞在の間にさまざまな活動を行って、ハンセン病患者のためのより快適な生活環境を整える予定だ。



その他の写真

ランキング