米国人が考える「重要な戦略的パートナー」、中国は独仏より上位―露メディア

配信日時:2019年11月2日(土) 6時20分
米国人が考える「重要な戦略的パートナー」、中国は独仏より上位
画像ID  598568
30日、米国人は中国をドイツやフランス以上に価値のある戦略的パートナーと考えていることが、米エマーソン大学がこのほど発表した世論調査結果で明らかになった。写真は北京の天安門広場。
2019年10月30日、中国メディアの参考消息網は、「ロシアメディアによると、米国人は中国をドイツやフランス以上に価値のある戦略的パートナーと考えていることが、米エマーソン大学がこのほど発表した世論調査結果で明らかになった」と報じた。

それによると、露通信社スプートニクは、今月24日から26日まで米国の成人1600人を対象に行われた調査結果について、米国にとって最も価値のある同盟国または戦略的パートナーはどの国かとの問いに対し、英国が40%で最も多く、カナダ(22%)、中国(14%)、ドイツ(6%)、オーストラリア(5%)、フランス(4%)、イタリア(1%)、その他(9%)の順となったことを紹介。その上で、「米国人は中国を米国にとって最も重要な3大戦略的パートナーの一つとみなしている」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Jen***** | (2019/11/03 23:19)

    <米国にとって最も価値のある同盟国または戦略的パートナーはどの国か> よく分からないアンケートである。 同盟国とは、 <経済・文化・軍事において、友好関係で強く結ばれている国> 戦略的パートナーとは、 <自国(自分)に利益が得られる事を想定して、相手と関係を築く事> だろ? 中国は、軍事的な同盟国には成り得ないのに、 同盟国と戦略的パートナーを並べて聞くのか? 経済において、「13億人の市場」が魅力的なのは当然。 だが、インドがもっと台頭してくれば、国際社会の中国への評価は変わる。 「同盟国」としての、一般の米国人の日本に対する評価が低いのは、 昔から変わっていない。 常に、英国とカナダが1位2位だ。 どうでもいい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Kio***** | (2019/11/02 18:17)

    米国人がどう思うかは、あまり重要ではない。日本は中国・ロシア・北朝鮮を抑止するために地政学上必要な国だ。朝鮮戦争においてなぜ同盟国でなかった韓国を助けるために参戦したかと言えば、日本を赤化から守るためだった。日本の代わりは、オーストラリアですら無理だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事