Record China

ヘッドライン:

日中両国に第5次経済ブーム、政治、経済とも冷え切った関係は終わるのか―中国メディア

配信日時:2018年9月18日(火) 7時10分
拡大
17日、新浪新聞総合は「日中両国は第5次経済ブームを迎えている。政治、経済とも冷え切った関係は終わるのか」とする記事を掲載した。写真は北京。

2018年9月17日、新浪新聞総合は「日中両国は第5次経済ブームを迎えている。政治、経済とも冷え切った関係は終わるのか」とする記事を掲載した。

記事は「安倍晋三首相が10月末に中国を訪問する。5月には李克強(リー・カーチアン)首相が来日しており、日中両政府の高官とも関係改善を楽観視している。今年は日中平和条約締結40周年に当たり、双方の共通認識は和平は共に利益となり、戦えばともに傷つくだ。今の情勢からみて、関係改善に何をすべきだろうか」とした。

さらに「日中間の貿易額は今年第1四半期、輸出入とも増加しており、リーマンショック以来の第5次経済ブームを迎えている。注目すべきは、日米中3カ国の関係にも変化が出始めていることだ。専門家の中には日中がさらに接近し、手を携えて米国に対抗する可能性もあると予測する動きもある。しかし、日本は今もサンフランシスコ平和条約の遺産にとらわれており、実現の可能性は低いだろう」と論じた。

記事は「同平和条約では、領土問題は曖昧に処理されてきた。2010年以降になって尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる領有権対立が勃発している。さらに、同条約をめぐり、戦犯の処遇を含む靖国問題で矛盾と対立が生まれている。領土、歴史問題が日中関係改善の最大の障壁だが、双方がいかに落としどころを見つけるかが鍵になるだろう」とした。(編集・翻訳/大宮)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

また遅刻!?プーチン大統領が安倍首相との会談に2時間半遅刻していたことに中国ネットは「時間を守るのは最低限のことだと思う」

鳳凰衛視は14日、プーチン大統領が安倍首相との会談に2時間半も遅刻したと伝えた。中国のネット民からは、プーチン大統領への批判や安倍首相は警戒すべきとするコメントなどが寄せられた。

Record China
2018年9月15日 15時50分
続きを読む

「日本の中国への態度が韓国化する可能性」と中国メディア、日中関係改善で日米離間に期待?

日本と中国の関係が改善基調にあることを背景に「日本の中国への態度が徐々に韓国化する可能性がある」と中国メディアが伝えている。米中対立が激化する中、日本は中立を維持すべきとの趣旨で、そこには日米離間への期待感もうかがえる。写真は沖縄の米空軍基地。

Record China
2018年9月7日 12時40分
続きを読む

ランキング