Record China

ヘッドライン:

「モナリザ」微笑むルーブル美術館蔵版画展―遼寧省瀋陽市

配信日時:2006年8月19日(土) 21時55分
拡大
1/8枚
2006年8月18日、フランスのルーブル美術館蔵の、ここ400年で最も美しい銅版画の作品展が、遼寧(りょうねい)省瀋陽(しんよう)市の故宮で始まった。今回の展示は大きく3つのパートに分けられ、清代に西洋画家が中国民衆の生活を描いた作品、ヨーロッパの生活を描いた作品、そして世界名作の銅版画から成る。なかでも最も人目を引いたのが、世界の「モナリザ」の銅版画。今回168点の作品が展示されており、多くの瀋陽市民が訪れて名画を楽しんでいる。


その他の写真

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング