これぞ正真正銘の「赤い赤トンボ」―山東省鄒平県

配信日時:2006年8月18日(金) 19時42分
これぞ正真正銘の「赤い赤トンボ」―山東省鄒平県
画像ID  39239
日本のアキアカネは翅や脚は黒いが、こちらは目や背中、脚まで赤い。
2006年8月17日、山東(さんとう)省鄒平県(ジャオピンセン)青陽鎮(チンヤンツン)「範仲淹読書洞」観光地で発見された、全身真っ赤なトンボ。近辺在住の90歳の老人によると、このような真っ赤なトンボが発見されたのは、これが初めてのことだという。

その他の写真

注:範仲淹:北宋の著名文学者(989-1052年)

最新ニュースはこちら

SNS話題記事