Record China

ヘッドライン:

頻発する「自殺ショー」に罰則、「労働教養所送り」にしたら効果テキメン―広東省広州市

配信日時:2008年6月25日(水) 17時40分
拡大
25日、自殺すると脅して見返りを要求する「自殺ショー」の頻発に業を煮やした広州市の当局が、「労働教養所送り」という罰則を設けたところ、明らかにその数が減ったという。写真は06年1月、重慶で給料支払いを求め飛び降り自殺をはかろうとする出稼ぎ労働者。
(1/7枚)

2008年6月25日、自殺すると脅して見返りを要求する「自殺ショー」の頻発に業を煮やした広東省広州市の当局が、「労働教養所送り」という罰則を設けたところ、明らかにその数が減ったという。広東省のニュースサイト「南方網」が伝えた。

その他の写真

広州市公安部によると、同市ではビルや橋の上など危険な場所によじ上り、「自殺する」と大騒ぎしながら「給与未払い分の支払い」や「行政に対する不満」などを訴える「自殺ショー」を演じる“不届き者”が後を絶たない。中には、自らの苦境を世に知らしめるために、わざわざバイトを雇って「ショー」を演出する者もいるのだとか。

この「ショー」1回につき、パトカーや消防車、救急車などの出動や野次馬による交通渋滞など、その迷惑ぶりは半端ではない。「ショー」かどうかの判断も難しく、その都度関係者は振り回される羽目に。ところが、「公共資源の無駄遣いだ」と業を煮やした当局が、「自殺ショー」を数回にわたり演じた者に対し、泣く子も黙る「労働教養所送り」に処すと決めたところ、その数は目に見えて激減したという。

公安部では、「給与不払いなどは、裁判所に申し立てをすることが出来る」と呼び掛け、農民工(出稼ぎ労働者)には費用を無料にするなど、優遇措置も定めた。(翻訳・編集/NN)

関連記事

ランキング