Record China

ヘッドライン:

<チベット>25日から海外観光客の受け入れ再開―中国

配信日時:2008年6月25日(水) 12時58分
拡大
24日、チベット自治区の観光当局は記者会見で、25日から海外観光客の受入れを再開すると発表した。3月14日のチベット騒乱以降、中国本土及び香港・マカオ・台湾のツアー客にのみを受け入れていた。写真はラサのポタラ宮。
(1/8枚)

2008年6月24日、チベット自治区の観光当局は記者会見で、25日から海外観光客の受入れを再開すると発表した。同自治区は3月14日のチベット騒乱以降、中国本土及び香港・マカオ・台湾のツアー客にのみ観光が許されていた。中国中央人民ラジオ局のニュースサイト「中国広播網」が伝えた。

その他の写真

同自治区旅游局の扎諾(ジャー・ヌゥオ)副局長によると、中国本土及び香港・マカオ・台湾のツアー客の受入れは、4月23日からすでに再開している。6月20日までに160のツアー団体が訪れたが、問題は発生しておらず、「チベット観光の安全性とチベット人民の友好性」が裏付けられた。また、21日には北京五輪聖火リレーも滞りなく行われ、一層の安全性が確認されたという。

同副局長は、「受け入れ体制は万全。良質のサービスでお迎えします」と述べ、海外観光客に向けアピールした。(翻訳・編集/NN)

関連記事

チョモランマ全面清掃!旅行、登山者も人数制限か―チベット自治区

22日、チベット自治区環境保護局局長は09年上半期にチョモランマの全面清掃を行うと発表。近年増加している旅行者、登山者の残していくゴミがチョモランマに及ぼす影響を懸念、人数制限や商業活動の規制を行う意向も明らかにした。写真はチョモランマ。

Record China
2008年6月24日 12時40分
続きを読む

ランキング