Record China

ヘッドライン:

注目の「通勤ピークシフト」具体案・近日中に発表―北京市

配信日時:2008年6月26日(木) 6時40分
拡大
24日、北京市でナンバーによる通行規制のほか、通勤時間と大型スーパー、デパートの営業時間で調整が行われ、「通勤ピークシフト」の具体案も間もなく発表されるという。写真はプレ五輪時の北京市車両通行規制。
(1/4枚)

2008年6月24日、北京娯楽信報によると、北京市では環境や渋滞の対策がすすめられているが、ナンバーによる通行規制のほか、通勤時間と大型スーパー、デパートの営業時間で調整が行われ、「通勤ピークシフト」の具体案も間もなく発表されるという。

その他の写真

市交通委員会の周正宇(ジョウ・ジョンユー)副主任によれば、7月20日〜9月20日の北京五輪期間前後に、偶数・奇数ナンバー別の車両通行規制が行われる。現在、北京の政府機関には約30万台の公用車があるが、30%、50%、70%と3段階で使用が削減されることになっている。また、期間中は車両にかかわる税金が減免されるという。市環境保護局によれば、ナンバー別の車両通行規制が実施されると、全体の約45%の車が走行できなくなり、排出ガスは通常に比べて63%(約11万8000t)削減できるとされている。

北京市では現在、公共交通機関の拡充を急いでおり、空車で走行するタクシーを減らす努力も行われているという。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

ランキング