Record China

ヘッドライン:

<麻薬>中毒者は減少傾向、輸出国での生産量激減などで―中国

配信日時:2008年6月25日(水) 18時51分
拡大
24日、中国公安部によると、過去3年間に強化してきた麻薬撲滅活動により、新たに摘発される麻薬中毒者が減少している。写真は08年3月、湖南省のホテルで逮捕された麻薬密売グループ。
(1/7枚)

2008年6月24日、公安部の張新楓(ジャン・シンフォン)副部長によると、過去3年間に強化してきた麻薬撲滅活動により、新たに摘発される麻薬中毒者が減少している。新華社の報道。

その他の写真

麻薬中毒者増加に歯止めがかかったとされる現在、ヘロイン使用の初犯で多くの中毒者が逮捕されていたピーク時と比較すると、その増加率は30%から5.6%に下降している。また逮捕者のうち、35歳以下の若年層が占める比率が82.5%から59%に減少した。その原因として、張副部長は「麻薬の入国経路」を断ってきたことだと指摘する。

かつて麻薬蔓延の最大の元凶とされていた「ゴールデン・トライアングル(ミャンマー・タイ・ラオスの三角地帯)」ではケシの作付面積が激減しており、国内のヘロイン市場は品切れ状態が続いている。それに伴い、ヘロイン中毒者の55.4%が使用を止め、矯正教育を受けるなどの措置に至っている。

加えて、注射器の使い回しを原因とするHIVウィルスの感染率上昇にも歯止めがかかっており、01年にはHIV感染原因の68.7%を占めていた注射器使用は現在、38.5%にまで低下。国家統計局が31の省市区の10万人に行った調査によると、「麻薬売買や使用の蔓延に脅威を感じている」と感じている人は04年の9.1%から4.8%に減少した。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

ランキング