Record China

ヘッドライン:

「トランプ式」に日本は異常な冷静さ、自給自足の道進む―日本華字紙

配信日時:2018年8月6日(月) 15時20分
拡大
3日、日本の華字紙・新華僑報は、「『トランプ式』に日本は異常な冷静さ、自給自足の道進む」とする記事を掲載した。写真はトランプ訪日時の東京。

2018年8月3日、日本の華字紙・新華僑報は、「『トランプ式』に日本は異常な冷静さ、自給自足の道進む」とする記事を掲載した。

記事は、「トランプ米大統領は、間違いなくニュースになる人物だ。中国に貿易戦争を仕掛け、わが道を行き、米国第一主義を唱える。飛ぶ鳥を勢いだが、その手法は最も近しい盟友・日本ですら理解できないようだ」と指摘。続けて、「トランプ氏に対して、日本は異常なまでに冷静である。日本政府と日本人は朝鮮半島の非核化、域内の新たな秩序形成、米中貿易摩擦に関心を抱いている。しかし、最近では対米追従の従来方針を変え、自給自足の道を歩むようにみえる」とした。

その上で、「まず、思うほど成果の上がらなかった米朝会談を踏まえ、独自ルートで北朝鮮との外交関係を強化しようとしている。米朝会談後、両国の交渉は停滞している。米国と違って日本は北朝鮮の核に直接的に威嚇されており、さらに拉致問題も未解決のままだ。米朝の和解が掛け声倒れになれば、日本は苦渋を飲まされる可能性がある」とした。

さらに2番目として、「米国は先進7カ国(G7)首脳会議などで欧州との対立を深めている。いつ自分にトランプ氏の批判の矛先が向くかわからない。自らの態度に最新の注意を払う一方、トランプ氏がアジア域内の秩序をかき乱せば、日本にとってはリーダーシップを取るチャンスだと考えている」と分析した。

最後に、「日本は米中貿易摩擦による漁夫の利を得ることを拒まない」とし、「中国とは経済関係を強化したいだろう。米中対立が深まるほどに、日本は賢く立ち回るようになる」と論じた。(編集・翻訳/大宮)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

日本の仮想通貨産業は曲がり角に来たのか?―中国メディア

18年6月23日には、ビットコインが今年初めて1ビットコイン6000ドルの心理的に重要なラインを割り込み、年初に比べて約70%も下落した。意外だったのは、今回の大幅下落の導火線が、これまで仮想通貨がよく育つ土壌とみなされてきた日本にあったことだ。

人民網日本語版
2018年8月2日 5時40分
続きを読む

ランキング