Record China

ヘッドライン:

韓国スマホ2社、世界2位のインド市場で存在感、トップ走る中国メーカー追撃

配信日時:2020年11月28日(土) 8時20分
拡大
中国に次いで世界第2位のスマホ市場のインドで「韓国の2社が存在感を示している」と韓国紙が報じた。2社は攻撃的なマーケティングでトップを走る中国メーカーを追撃しているという。写真は携帯ショップ。

中国に次いで世界第2位のスマートフォン市場であるインドで「最近、韓国サムスン電子とLG電子が存在感を示している」と韓国紙が報じた。インド市場では中国企業が圧倒的なシェア占めてきたが、新型コロナの影響から市場が急速に回復する中、韓国2社は攻撃的なマーケティングで中国勢を追撃しているという。

東亜日報によると、インドのスマホ市場は年間1億5000万台の規模で、中国(昨年は3億6200万台)に次いで2番目に大きい。まだフィーチャーフォン(日本のガラケーに相当)を使う利用者が40%に達するなどスマホの普及率が低く、今後成長の可能性が高い市場とされる。今年上半期(1~6月)の基準ではシャオミをはじめ、ビボ、オッポなど中国メーカーのシェアが70%に上り、独走している市場だ。

サムスン電子が2018年、シャオミにインドでのスマホ1位の座を明け渡した当時の両社の年間出荷台数の差は970万台だったが、昨年1190万台に拡大。今年第1四半期(1~3月)もシャオミが980万台を販売する間、サムスン電子は500万台にとどまった。

しかし、第2四半期(4~6月)に入ると、韓国企業が好調で新型コロナの直撃により市場が半減する状況でも、サムスン電子はシャオミとの販売格差を50万台に縮めた。市場が回復した第3四半期(7~9月)もサムスン電子は1220万台を販売し、シャオミ(1320万台)との差を100万台に減らした。サムスン電子が中低価格帯のラインアップを拡大した戦略が功を奏した上、インドと中国の間の国境紛争で「反中感情」が高まっているからだとの分析もある。

インドのスマホ市場で5位以内には入らなかったももの、LG電子も今年5月と6月の販売が3月と4月に比べて10倍ほど伸びたことが分かった。LG電子は昨年、インド市場を攻略するために「インド向け特化、インドが先」の戦略を打ち出した。10万ウォン(約9000円)台でカメラレベルを高めるなど、コストパフォーマンスに注力したモデルもインドの消費者の間で話題となったという。

米国の市場分析会社「ストラテジー・アナリティクス」によると、今年第3四半期のインドでのスマホ販売台数は計5240万台。これは第2四半期のスマートフォンの販売台数(1920万台)の2.7倍に上る。

韓国スマホ業界関係者は「ペントアップ(抑えられていた消費が爆発する現象)需要の影響で第3四半期の売上高が大幅に伸びた。新型コロナ以前のインド市場の成長に近いレベルまで回復したとみられる」と指摘。LG電子関係者は「スラッシュギア、トムズガイド、ギズモードなどの海外情報技術(IT)専門メディアでもLGウィングのマルチタスクなどが好評だった。インドでも勝負に出る計画だ」と意気込んでいる。(編集/日向)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング