Record China

ヘッドライン:

日本産水産物輸入制限訴訟で韓国が異例の逆転勝訴=ネットからも驚く声

配信日時:2019年4月12日(金) 16時0分
拡大
12日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、福島原発事故後に福島など8県の水産物の輸入を禁止した韓国政府の措置をめぐる日韓の訴訟で、世界貿易機関が「韓国勝訴」の判断を下した。写真は韓国の市場。

2019年4月12日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、福島原発事故後に福島など8県の水産物の輸入を禁止した韓国政府の措置をめぐる日韓の訴訟で、世界貿易機関(WTO)が「韓国勝訴」の判断を下した。

昨年2月に1審は「韓国の包括的禁止措置は不当」として日本勝訴の判断を下していた。記事によると、WTOの衛生植物検疫(SPS)訴訟で、1審の判決が覆ったのは今回が初めて。韓国政府は「1審での敗訴後から『国民の健康と安全が最優先』という原則を守るため最善を尽くしてきた」とし、「WTOの判断を高く評価し、歓迎する」と明らかにした。

これにより、日本産水産物に対する韓国政府の措置は維持される。韓国政府は福島など8県の水産物の輸入を禁止する他、日本産の輸入食品から微量でも放射能が検出された場合に17の放射性核種に対する検査証明書も引き続き要求するという。

これに韓国のネットユーザーからは「敗訴すると思っていたからうれしい」「国に守られている感じがする。これで安心して魚が食べられる」「当然だけど立派な判断。文政権の努力に拍手」「文政権は日本のロビーをうまく阻止し、陰で努力してくれたようだ」「今の政府は本当に仕事ができる。やっと国が国らしくなった!」など安堵(あんど)や政府への称賛の声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

WTOが日韓の「水産物輸入規制」紛争に判定、韓国側の敗訴が有力視=韓国ネット「証拠を公開して」「消費者が選択できるように…」

17日、韓国メディアによると、世界貿易機関(WTO)が、福島原発事故後に日本産水産物の輸入を禁止した韓国政府の措置に対する判定結果を日韓両国に通知したことが分かった。韓国側の敗訴に近い判定を下したとみられる。資料写真。

Record China
2017年10月17日 18時0分
続きを読む

ランキング