2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

アリババ、マレーシアでクラウドサービス開放―中国メディア

配信日時:2017年11月7日(火) 15時0分
アリババ、マレーシアでクラウドサービス開放
画像ID  601108
中国最大の公共クラウドコンピューティングサービスサプライヤーの阿里巴巴(アリババ)は10月30日、マレーシアで世界に向けたサービスの開放を行うことを明らかにした。
シンガポール華字紙・聯合早報によると、中国最大の公共クラウドコンピューティングサービスサプライヤーの阿里巴巴(アリババ)は10月30日、マレーシアで世界に向けたサービスの開放を行うことを明らかにした。これにより、アリババは初めてマレーシアでクラウドコンピューティング人工知能(AI)サービスを提供する国際クラウドコンピューティングサービスサプライヤーになる。また、マレーシアはシンガポールに続き、アリババの東南アジア地域での2番目のサービス提供地域になった。

マレーシアでのサービス開放後、系列の阿里雲(アリババクラウド)が同地域向けにコンピューター、メモリ、ネットワークといったインターネットのインフラサービスを提供すると同時に、現地企業のデジタル化・モデル転換に向けてインターネットのミドルウェア、AI製品、AIサービスを提供する。

阿里雲が現地で発足させる技術・市場サービスチームも現地企業による情報技術(IT)のプロフェッショナル人材の育成を支援し、クラウドコンピューティングAI技術の観光、金融、物流、交通など各分野における応用を加速していく。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事