Record China

ヘッドライン:

<四川大地震>パンダを他の地域に移送、安全確保のため―保護センター

配信日時:2008年6月19日(木) 18時26分
拡大
5月12日の四川大地震を受け、四川省ぶん川県の臥龍パンダ保護研究センターのパンダが、安全確保のため、他の地域に移送されている。
(1/9枚)

2008年6月17日、5月12日の四川大地震より1か月余りがたった。被害は付近の多くの都市にも波及しており、安全性への配慮から、臥龍パンダ保護研究センターはパンダを他の地域に移送している。

その他の写真

同センターでは、10日、地震で行方不明になっていたメスのパンダ・毛毛(マオマオ)の葬儀が行われた。毛毛は9日、同センターの飼育小屋のがれきの下で死んでいるのが発見された。

パンダ飼育小屋は地震による土石流で深刻な被害を受け、63頭いたパンダのうち現在は48頭が暮らしている。(翻訳・編集/MK)

関連記事

ランキング