Record China

ヘッドライン:

「運命の恋人」ウー・ズンとTWINSシャーリーン、共通点は「超大食い」―北京市

配信日時:2008年6月13日(金) 15時37分
拡大
2008年6月10日、映画「剣蝶」の記者発表会が北京で行われ、ウー・ズン、シャーリーン・チョイ、フー・ゴーらが出席した。
(1/6枚)

2008年6月10日、映画「剣蝶」の記者発表会が北京で行われ、人気ユニットのフェイルンハイ(飛輪海)のウー・ズン(呉尊)、TWINSのシャーリーン・チョイ(蔡卓妍)、フー・ゴー(胡歌)らが出席した。聯合新聞網が伝えた。

その他の写真

「剣蝶」は、中国の有名な伝説「梁山伯と祝英台」を描いたもの。ウー・ズンとシャーリーンが運命の恋人を演じ、2人のカンフーアクションも話題になっている。

この作品で映画デビューを果たしたウー・ズンは、「シャーリーンは30本以上の映画を撮っている大先輩。演技面でもすごく助けてもらって、感謝している」と話していた。これに対しシャーリーンも、「私もこんな超イケメンと仕事ができて楽しかった!彼はNGも少ないし、休憩時間も台本を熱心に読んで、すごく努力してたと思う」と、手放しでほめていた。

お互いの共通点を、「超大食い」と話す2人。シャーリーンによると、普段はシャイでおとなしいウー・ズンは、食事の時間になると急にはつらつとして、“食べる量も牛並み”だという。いっぽうのウー・ズンも、「今まで女性アイドル何人かと食事したけど、彼女の食べる量はダントツ。ご飯は2杯以上、そのうえおかずも麺もしっかり食べていた」と意外な一面を明かしている。

映画「剣蝶」は間もなくクランクアップ予定。今年9月にも中国およびアジア各国で公開されるという。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング